COMPANY

特徴

都立府中病院の院外処方せん発行に合わせて、1980年に府中市薬剤師会が府中調剤薬局を、2005年に同薬局と道路を挟んで斜め向かいに近隣の崎 山小児科・前田内科・循環器科の処方を受け入れるために、ひよこ薬局を設立しました。
都立府中病院は多摩地区の基幹病院のため、特殊な疾病や慢性疾患を抱 えた患者さまが多く、多種多様の薬剤の処方せんが発行されます。
開設当時から医薬分業を円滑に遂行すると同時に、地域の医薬分業を推進するために備蓄セン ターとしての役割も果たして来ました。現在もその役割を果たしており、1日に1回のバイク便で薬の配送を行っています。
患者さまは高齢者の方、特殊な疾病 の方、小児科の方が多いため、多種多様の薬剤、薬の分包、散剤の分包、シロップの混和等時間を要することが多く、正確な調剤、丁寧な服薬指導、待ち時間の 短縮のため下記の点に力を入れています。

1.電子薬歴による迅速、継続的な服薬指導。 登録した引継ぎ事項が次回に確実に表示されるため、継続性のある服薬指導が可能。

2.患者さまの安全性を考慮した相互作用の迅速なチェック。 医薬品間の相互作用だけでなく、市販薬との相互作用検索も可能。

3.医療機器の充実により、迅速かつ安全な調剤。
a.散在の調剤過誤防止のため「バーコード読み取り散剤自動監査システム」
b.レセプトコンピューターと連動した「カラー薬袋自動印字システム」
c.患者さまのお名前と服用時を印字できる「自動印字装置付錠剤分包機」「自動印字装置付散剤分包機」
d.薬品の適正在庫のため「バーコード管理自動発注システム」